沈金名刺入れ「結び葉」

漆器に沈金で絵を描いています。
沈金とは筆などで「書く」のではなく乾いた漆の上を刃物で彫って描いて行く技法です。そこに漆を薄く摺り込み、すぐにティッシュでふき取とり、金粉などを蒔くと彫った通りに模様が浮かび上がって来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です