7月30日  美川文化会館での ピースナインフェスティバルは 10回目の今年は 午後から18団体が 10分刻みの舞台展開のハードさも 皆の熱い思いで乗り切っての盛会でした。 とはいっても世代交代もままならずで 平均年齢が70歳を超えていたのかなーーー
でも、若かった・・・難波のパグやんこと 趙(ちょう)バクさんの「 ラヴ イズ オーバァー」の替え歌 「安部 イズ オーバァー」の辺りでは最高潮・・皆の歓声と手拍子でした。
哲夫は新作 10大弟子のひとり  アナリツ (ブッダの声を聞く)
弘子も、歌詞の辛さに立ちすくむ家族「 ふるさと 」を展示すろことができました 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です