山百合

鬼百合

カサブランカ

友人が種から育てて4年・・ようやくつぼみを持ったと、
ユリの花を届けてくれました。
能登の石動山の百合とおなじ、その花が開き,何とも言えぬ芳香を放ち続けた数日感、幸福感いっぱいで 魅せられ続けたこのゆりは、
いまは 山にはほとんど見られないそうですが
この花に惹かれた人達が細々と大切に育てているようです。
我が家の庭は 今、いたるところに鬼百合が  丈高く次々に花開いています。
料理用の百合根を 煮きれずに土に埋めて、
そのむかごたちで増え続けたゆりたちです。
大きなカサブランカの球根からは これまた香り高く、
真っ白の大輪の花たちです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です